『はんげんぱつ新聞』第Ⅵ集 デジタル版

基本情報

編著 反原発運動全国連絡会
発行 反原発運動全国連絡会
発行日 2018年9月15日
定価 2,000円
会員価格

概要

◎『はんげんぱつ新聞』353号(2007年8月号)から485号(2018年8月号)までの11年1ヵ月分を収録しています。
◎収録されているPDFファイルは、文章や言葉の検索をかけることが可能です。
◎ページ印刷もできます。

【5枚以上】1割引+送料無料
【10枚以上】2割引+送料無料

追加情報

『はんげんぱつ新聞』40周年を迎えて
佐伯昌和(反原発運動全国連絡会世話人)

『はんげんぱつ新聞』は、2018年5月号で創刊40周年を迎えました。創刊は1978年。
100号を迎えた1986年に、0号から100号までの縮刷版を発行しました。そして縮刷版第Ⅱ集をチェルノブイリ後の原発事故の恐怖と後始末の時代への5年間として、101号から160号までをまとめて1992年に出版しました。さらに、『はんげんぱつ新聞』20周年を記念して161号から240号までの第Ⅲ集を1998年に発行しました。2003年には創刊25周年、300号を記念して第Ⅳ集を出しました。
40周年を迎えた今年、紙媒体の縮刷版から、DVDに変えて発行することになりました。『はんげんぱつ新聞』のバックナンバーをより多くの人に利用してもらいたいとの思いからです。400号(2011年7月)までは縮刷版第Ⅴ集に収録していますが、福島原発事故後の状況をより深く見るために、中越沖地震直後の柏崎刈羽原発の状況を伝える2007年8月の353号からとしました。
最新号は2018年8月の485号。福島原発事故の東京電力元会長らの刑事責任を問う裁判のレポートが一面トップです。40周年を区切りとして発行した縮刷版第Ⅵ集。様々な検索可能なDVD版が、脱原発社会の早期実現に役立つことを願っております。

もくじ

原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo 原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレットを発行のつどお届けしています。