原発

日本の原発基数推移

日本の原発は1990年代半ばまで、年平均1基以上のペースで建設が進んできました。しかし、それ以降、建設ペースは急減しました。

2011年の東京電力福島第一原発事故後、原発の寿命は稼働から40年、例外的に20年延長が可能と定められました。一方、政府は原発の新増設・リプレースは現在検討していないと繰り返し答弁しています。

そのことから、日本の原発がゼロになる時点が推定できます。

一方、2021年現在で廃炉となっていない原発36基のうち、再稼働したのは10基、そのうち、MOX燃料を使える原発は4基にとどまります。

日本の原発基数

未稼働原発のうち大間・島根3は稼働すると仮置きして試算

原発再稼働基数

MOX基数は再稼働原発基数の内数

コスト関連記事・データ