原発を再稼働させてはいけない4つの理由

基本情報

編著eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)編
発行合同出版
発行日2012年4月
定価600円+税
会員価格
CNICの本屋さんで購入(会員割引あり) amazonで購入

概要

―原発は日本各地にあります。福島第一原発事故が起きてわかったことは、
大事故が起きれば遠く離れていても「現地」になるということです。―
アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション代表)

定期点検で停止中の原発の再稼働問題、とくに、ストレステスト評価の「確認」プロセスが先行している大飯原発3,4号機について緊迫しています。
しかし、福島原発事故の原因究明さえも終わっていない中、「福島原発事故のような事故が二度と起こらない」ことを担保できる条件は何もありません。
大事故を二度と繰り返してはならない、という点では賛成も反対もないはず。
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)は、今再稼働を進める議論をする前提は何もない、という事実について、
「原発を再稼働させてはいけない4つの理由」としてまとめました。
参考資料として、そして身近な人に伝えるツールとして、活用いただければと願っています。

追加情報

合同ブックレット・eシフトエネルギーシリーズvol.1

もくじ

・読者のみなさまへ (アイリーン・美緒子・スミス/グリーン・アクション)
・第1章 原発再稼働のこれだけの問題点(竹村英明/環境エネルギー政策研究所)
・第2章 原子力規制行政は破綻している(澤井正子/原子力資料情報室)
・第3章 ストレステストでは安全確認はできない(山崎久隆/たんぽぽ舎)
・第4章 原発なしでも電気が不足することはない(松原弘直/環境エネルギー政策研究所)
・第5章 周辺自治体と周辺住民の同意を得られていない(末田一秀/はんげんぱつ新聞)
・市民の力で再稼働をSTOPするための10のアクション
・原発危険度一覧表
・原発事故によって、放射能汚染が広がる30キロ・60キロ圏Map