増補 どうする? 原発のゴミ

基本情報

編著末田一秀,伴英幸,久世薫嗣,兼松秀代
発行原子力資料情報室、原水爆禁止日本国民会議、反原発運動全国連絡会
発行日2017/8/20
定価300円
会員価格

概要

巻頭にカラー版《科学的特性マップ》、《共同声明》を追加しました。
価格・割引条件に変更はありません。

A5判/39 ページ+増補8ページ
発行:原子力資料情報室、原水爆禁止日本国民会議、反原発運動全国連絡会
頒価:300 円+送料
※10 部以上のご注文で送料無料
※30 部以上のご注文で1部200 円

ご注文は… 原子力資料情報室(FAX.03-3357-3801 / cnic@nifty.com)
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8番5号 曙橋コーポ2階B TEL.03-3357-3800

※50部超のご注文はお届けにお時間をいただく場合がございますので、できるだけ事前にご相談ください。

追加情報

巻頭にカラー版《科学的特性マップ》《共同声明》を追加しました。

原発を動かせば必ず出る「核のごみ」。
地下に埋めて見えなくすればよいのか。
その問題の危険性と現在の状況を各方面から分かりやすく解説します。
勉強会、講演会等の資料としてもご活用ください!

もくじ

《増補》
カラー口絵 高レベル放射性廃棄物処分場「適性マップ」
共同声明

第1章 高レベル処分場の危険性
第2章 どのように処分地を選ぼうとしているか
第3章 誘致の動きを封じ、脱原発へ
第4章 地下研究施設の教訓
 北海道幌延町 幌延深地層研究所
 岐阜県瑞浪市 瑞浪超深地層研究所

◆著者紹介◆
第1・3章
末田一秀(『はんげんぱつ新聞』編集委員、核のごみキャンペーン関西所属)

第2章
伴英幸(原子力資料情報室共同代表、原子力市民委員会核廃棄物部会長)

第4章
久世薫嗣(核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡協議会共同代表)、
兼松秀代(放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜代表)