原子炉で発生する熱量。そのうち電気に変わるのは、原発の場合、約3分の1で、残りの3分の2は温排水として環境へ捨てられる。