廃炉(原子炉廃止措置、デコミッショニング)

運転を終了した原子炉を、5~10年ほどの冷却期間をおいた後、解体撤去すること。これは日本での方針で、海外では解体せず密閉管理するなどの措置もある。