総括原価方式

電気料金の算定方式。回収すべき原価を積み上げた総原価(配当の原資となる事業報酬=利潤をふくむ)を、高圧、低圧、電灯の需要種別に配分したものを総括原価と呼び、これをもとに契約種別ごとの料金を決める。