すこやかな未来を願って―核も戦争もない世界を!

基本情報

編著斉藤美智子著
発行樹心社
発行日2012年4月
定価1,200円+税
会員価格
CNICの本屋さんで購入(会員割引あり) amazonで購入

概要

「3・11 フクシマ」―原発事故は天災というよりは人災。今こそ私たちは、自らの生活、文明を見つめ直し、一人一人の願い、祈りとして「脱原発」を掲げよう。すこやかな未来を、核も戦争もない世界を、次代へ子や孫へ渡そう!!老残悲願。84歳の今もなお、街で、国会前でビラをまき、呼びかけ、坐る、著者の「生命の書」。

追加情報

もくじ

第1章 生命の叫び、今、共に!-非核・非戦の願い(天災というより人災ー福島第一原発事故/哀しき人民ロボットか)
第2章 小さな思いが、この世を変えるーささやかでも声を挙げよう(いかに生きているかを「知る」ことが第一歩/折鶴に寄せてーくりかえすな、この悲劇 ほか)
第3章 反原発運動と私(はじめにー反原発へ/知ることから行動へ ほか)
第4章 私の戦前・戦中・戦後(「日の丸」と私/父の堪忍袋 ほか)
第5章 非核・平和へ全力を!-行政・司法への要請文(山口県知事様ー何としても上関原発否認を!/科学技術庁長官様ー「もんじゅ」を廃炉にして下さい! ほか