動かない、動かせないもんじゅ

基本情報

編著 著者:小林圭二 編者:原子力資料情報室
発行 七つ森書館
発行日 2010年12月
定価 900円+税
会員価格

概要

15年ぶりに運転を再開した「もんじゅ」。「新しい」原子炉としての期待を一身に背負って試験運転に入ったのですが、まもなく事故を起こして止まっていたのでした。運転再開後もトラブルが続き、いままた再開の目途は立っていません。
本書では、高速増殖炉と呼ばれる古くて「新しい」原子炉の基本的な仕組みや過去の事故、根本的な危険性を解きほぐし、高速増殖炉の実用化が困難で、世界は開発撤退の流れであることを分かりやすく解説しています。
本書は小林圭二先生を講師に原子力資料情報室が行なった2回の公開研究会を基に製作しました。
「もんじゅ」は8月(2010年)に起きた重量物の原子炉内での落下事故で止まっています。この最新情報を別刷りで同封しています。
昨年と続いて、「もんじゅ」を含む高速増殖炉開発は事業仕分けで厳しい意見が出ているにもかかわらず、開発が続行しています。今後とも俎上にあがることでしょう。
「もんじゅ」を知り、この問題を考えるための「この一冊」です。ぜひ手にとってお読みください。

追加情報

もくじ