破綻したプルトニウム利用 ― 政策転換への提言

基本情報

編著 原子力資料情報室/原水禁 編著
発行 緑風出版
発行日 2010年6月
定価 1,700円+税
会員価格 1,600円

概要

日本のエネルギー政策は、依然として原子力を中心としています。そして、原発の使用済み燃料からプルトニウムを取り出し、高速増殖炉で燃料として使用することを模索しています。本書は多くの科学者が疑問を投げかけている「核燃料サイクルシステム」が、すでに破綻し、いかに危険で壮大なムダであるかを、詳細なデータと科学的根拠に基づいて分析しています。そのうえで、このシステムを無理に動かそうとする政府に対して、政策の転換を提言しています。ぜひお読みください。

追加情報

もくじ