コンバインドサイクル発電(複合サイクル発電)

ガスタービンと蒸気タービンを複合させ、効率を高めた発電方式。蒸気タービンだけを使っている既設の発電所にガスタービンを付け加えてコンバインドサイクルとし、効率と出力を増やすこともできて、これをリパワリングと呼ぶ。