水素ガスと空気中の酸素を反応させて電気をつくる発電装置。水素をつくるもとになる天然ガスなどを、燃やすわけではないが、燃料と呼んでいる。燃料には、バイオマス(エネルギー源として利用される生物体)など、さまざまなものがありうる。コジェネレーションや、蒸気タービン、ガスタービンと組み合わせたコンバインドサイクル発電が可能。