【2020年度新刊パンフレット】原発と気候危機

 地球温暖化は気象の振れ幅を拡大し、わたしたちがこれまで経験してきたことのない暑さや寒さをもたらし、今や「気候危機」とよばれています。いっぽうで原子力産業界を中心に「原発がないと地球温暖化問題を解決できない」と叫ばれています。はたしてそれは事実なのでしょうか。豊富な図版とやさしい解説で明らかにしていきます。

 2021年3月31日 初版 第一刷 発行
 発 行: 原子力資料情報室 600円
 本 文: フルカラー 56ページ

◇◆ も く じ ◆ ◇
1.はじめに
   地球温暖化問題とは
   世界の長期目標「パリ協定」
   コラム「排出権取引」「ネット・ゼロ」とは?
   日本はこれからどうするの?
   コラム 福島原発事故で地域になにが起きたのか

2.原発と温暖化対策
   原発のしくみ
   発電所で発生する CO2 量
   もし、温暖化対策として原発に期待するとどうなるのか
    <経済性が成り立たない>
    <原発では間に合わない>
   原発は再生可能エネルギーの導入を邪魔する
    <電力供給量と出力制御問題>
    <予算配分の問題>
   コラム 地球温暖化が原発にもたらすリスク

3.省エネルギー
   省エネこそ気候危機を救う
   省エネのポテンシャルは?
   わたしたちにできる省エネアクション
   これも省エネ? 自然エネルギーをそのまま利用

4.再生可能エネルギーを上手につかった社会へ
   広がる再エネ 下がるコスト
   気象に左右される再エネ出力を補うには
   小規模分散型のエネルギー
   再エネ普及のために解決すべきこと
   コラム 原発は被ばく労働なしには成り立たない

5.気候正義と原発
   気候正義とは
   原発の不公平さ
   おわりに
   用語集

<ご注文>
CNICの本屋さんから、または
お問い合わせフォーム: cnic.jp/contact 、 FAX.03-5358-9791 まで

 

原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo 原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレットを発行のつどお届けしています。