中国台山原発に関するメモ

2021年6月15日時点

6月14日、米CNNによると、中国広東省の台山原発(フランスのFramatome社製EPRが2基稼働中)にかんして、「米政府が同原発を部分的に所有、運営するフランス企業から漏えいの報告や『差し迫った放射線の脅威』の警告を受け、評価を進めて」います。

この報道について、現時点でわかっていることをまとめました。

Exclusive: US assessing reported leak at Chinese nuclear power facility

中国の原発で漏えいや放射線脅威の報告、米政府が評価進める CNN EXCLUSIVE


●台山原発概要

台山原発は中国広東省台山市にある原発で、香港から130km、マカオから60kmの距離にあります。

運営はCGN(中国広核集団、China General Nuclear、出資比率51%)、EDF(フランス電力公社、同30%)、広東能源集団(Guangdong Energy Group、同19%)が出資する台山原子力発電合弁会社(TNPJVC)が行っています。

原子炉は2基あり、いずれもフランスFramatome社の第3世代原子炉であるEPR(欧州加圧水型原子炉)で、出力は175万kWeです。

IAEA PRISデータ

台山原発1号機 運転開始:2018年12月13日 
台山原発2号機 運転開始:2019年9月7日 

なお、台山原発の燃料はFramatomeが供給しています。

●公式発表

今回の問題について、台山原子力発電合弁会社はウェブサイトに「2つのユニットのすべての動作指標は、原子力安全規則と発電所の技術仕様の要件を満たし」、「原子力発電所とその周辺の環境指標は正常」だとしています。

一方、Framatomeはプレスリリースで「パフォーマンス問題」だとしており、EDFは「1号機の1次系で特定の希ガスの濃度が上昇しているとの情報を得た」ことと、これは「既知の問題」であるとしています。

中国の生態環境省と国家核安全局は、燃料棒5本の破損により放射線量の上昇があったと発表(6月16日追記)

●報道

Le Figaroによれば、台山原発1号機の一次冷却系で希ガス濃度が上昇し、5月末時点で、フランスでは48時間以内に原子炉の停止を命じるしきい値(水1トンあたり150ギガベクレル)の2倍のオーダーでした。また昨年10月時点ですでに燃料被覆管で潜在的な漏洩を検知しているとあります。

なお、中国の規制機関にあたる国家核安全局によれば、台山原発1号機は4月5日に一度希ガスを放出しています

なお、広東省は現在、電力不足に悩まされています。



・Googleで翻訳した台山原子力発電合弁会社のプレスリリース

Taishan Nuclear Power Plant Operation Status
Publishing time:2021-06-13 21:10  [  Tai  Zhong  small  ]
Recently, some institutions and media have paid attention to and inquired about the situation of the Taishan nuclear power plant units. The latest status of the two units of Taishan Nuclear Power Plant is as follows:

Taishan Nuclear Power Plant has constructed two EPR (European Advanced Pressurized Water Reactor) nuclear power units. Unit 1 had a commercial operation on December 13, 2018, and Unit 2 had a commercial operation on September 7, 2019.

Unit 1 of the Taishan Nuclear Power Plant has entered the second fuel cycle and is currently operating at full power. Taishan Nuclear Power Plant Unit 2 has been overhauled as planned and will be successfully connected to the grid on June 10, 2021. This overhaul is the first overhaul of Taishan Nuclear Power Plant Unit 2 after it was put into commercial operation. The safety, quality, and construction period of the overhaul have all completed the set goals.

Since it was put into commercial operation, Taishan Nuclear Power Station has strictly controlled the operation of the units in accordance with the operating license documents and technical procedures. All operating indicators of the two units have met the requirements of nuclear safety regulations and power plant technical specifications.

At present, continuous monitoring of environmental data shows that the environmental indicators of Taishan Nuclear Power Plant and its surroundings are normal.


Framatomeのプレスリリース

Information related to Taishan’s reactor number 1
June 14, 2021 – Framatome is supporting resolution of a performance issue with the Taishan Nuclear Power Plant in Guangdong Province, China.

According to the data available, the plant is operating within the safety parameters.

Our team is working with relevant experts to assess the situation and propose solutions to address any potential issue.


EDFのプレスリリース


EDF has been informed of the increase in the concentration of certain noble gases in the primary circuit of reactor n°1 of the Taishan nuclear power plant, belonging to and operated by TNPJVC, a joint-venture of CGN (70%) and EDF (30%).

The presence of certain noble gases in the primary circuit is a known phenomenon, studied and provided for in the reactor operating procedures

EDF has made contact with the TNPJVC teams and provides its expertise.

EDF, as shareholder of TNPJVC, has requested the holding of an extraordinary TNPJVC board of directors meeting for management to present all the data and the necessary decisions.

●その他、参考リンク

S&P Platts ‘Increase in concentration’ of gases in primary circuit of Taishan: EDF
Dissolved stable noble gas measurements from primary water of Paks NPP
台山原子力発電合弁会社ウェブサイト
CTBTO観測所地図
台山原子力発電所から直近のCTBTO観測所
香港の放射線モニタリング結果

原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo 原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレットを発行のつどお届けしています。