12/13 止めよう!六ヶ所再処理工場 新原告募集します!

六ヶ所再処理工場建設反対の運動と裁判を始めて、すでに30年以上になります。

核燃料サイクルの“要”として位置付けられた再処理工場は、どんなに稼働が延期しても、費用が何倍になっても、放棄されずに今日に至っています。東日本大震災によって福島第一原発事故が起こり、その後の新規制基準策定ました。工場建設中であるにもかかわらず、六ヶ所再処理をめぐる法律や規則が大きく変わりました。そのため1992年の事業許可に加えて、新規制基準に対応する許可処分が今年2020年7月、新型コロナ禍の中で下されました。

1993年の提訴以来裁判闘争を続けてきた核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団では、この新たな許可に対して訴訟を提起するため、「新たな原告」を募集いたします。六ヶ所再処理工場の現状と訴訟について、弁護団からお話させていただき、原告募集を行ないます。再処理工場という「プルトニウム生産工場」への異議申し立てにたくさんの方の参加をお待ち申し上げます。

12月13日(日)13:30〜15:30
千代田区立内幸町ホール
JR・地下鉄新橋駅、都営地下鉄内幸町駅下車
www.uchisaiwai-hall.jp/access/

お話
・六ヶ所再処理工場の現状(浅石紘爾弁護士・ZOOM参加)
・六ヶ所再処理工場と新規制基準(海渡雄一弁護士)
・「新訴訟」提起について (伊東良徳弁護士)

当日は、原告になっていただくために、参加者からの質疑応答の時間を十分に確保したいと思います。

資料代:800円

主 催:    核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団
核燃サイクル阻止1万人訴訟弁護団
再処理止めよう!首都圏市民のつどい
賛 同:    原子力資料情報室

集会後、「再処理止めよう!首都圏市民のつどい」のデモを予定

連 絡・問い合わせ先:
核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団(事務局・澤井:090-4422-5394)