2024/03/27  ~ 2024/05/10

連続ウェビナー「能登半島地震からかんがえる原発の安全性」

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

CNIC連続ウェビナー 
 能登半島地震からかんがえる原発の安全性

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

2024年能登半島地震では、志賀原発が被災したこともあり、改めて地震と原発の問題が改めて注目されました。
この連続ウェビナーでは、能登半島地震をうけた原発の安全性について4回シリーズで考えます。

第一回:能登半島地震と被災した志賀原発

■ 日時:3月27日(水) 14時~15時半
■ 講師:上澤 千尋(原子力資料情報室)
■資料:cnic.jp/wp/wp-content/uploads/2024/03/20240327_CK_CNIC_s.pdf
■ 録画視聴:www.youtube.com/live/e70gdfikouA?si=hrRN4MBxrN4VLE-J

第二回:地震と原子炉

■ 日時:4月11日(木) 14時~15時
■ 講師:後藤 政志(元原子力プラント設計技術者、原子力市民委員会委員)
■ ご参加申し込み:us02web.zoom.us/webinar/register/WN_z9bBWKb4ThSyNy41OWPZ6w
■ 資料:cnic.jp/wp/wp-content/uploads/2024/04/20240411_goto.pdf


第三回:隆起と原発 構造物は耐えられるか

■ 日時:4月24日(水) 14時~15時
■ 講師:鶴巻 広一(技術士(建設部門、総合技術監理部門))
■ ご参加申し込み:us02web.zoom.us/webinar/register/WN_Llx9JEH5TZuEXfi2T8neuw

第四回:原発と避難 

■ 日時:5月10日(金) 14時~15時
■ 講師:大河 陽子(弁護士、元新潟県原子力災害時の避難方法に関する検証委員会委員)
■ ご参加申し込み:us02web.zoom.us/webinar/register/WN_7Pq4f2sBREeu2UOtRQnPzA

〇 参加費:無料(ご寄付を歓迎いたします cnic.jp/support/donation

〇 Zoomを用いて開催します。

〇 主催・お問合せ:原子力資料情報室(CNIC)
cnic.jp/contact / TEL.03-6821-3211

原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo 原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレットを発行のつどお届けしています。