2020/03/11  ~ 2020/03/15

3/11~15 国際シンポジウム 311から9年どう伝える?原発事故のこと  [3月11日 in 東京][3月14, 15日 in 福島]

国際シンポジウム 3・11から9年 どう伝える? 原発事故のこと [2020年3月11日 in 東京][2020年3月14, 15日 in 福島

東京と福島で、当室も協賛団体となっているシンポジウムが開催されます。ぜひご参加ください。
www.foejapan.org/energy/fukushima/200311.html

東京電力・福島第一原発事故から9年、オリンピック目前の3.11を迎えようとしています。原発事故は収束しておらず、被害は深刻です。
原発事故の現状を見える化し、どのように次世代に伝えていくか。
私たちに問われている課題について、当事者や国際ゲストとともに議論します。

 

【東京】

日 時 2020年3月11日(水)10:30~20:00

会 場 聖心女子大学 ブリット記念ホール
   (東京メトロ日比谷線広尾駅 4番出口から徒歩1分)>アクセス

<プログラム(予定)>

セッション1(10:40~12:10)「福島の今」
避難・帰還・居住、原発事故後の人々の選択と福島の今を考えます。
パネリスト:福島市に居住するお母さん、長谷川健一さん(飯舘村)、大賀あや子さん(大熊町から新潟県に避難)


セッション2(13:30~15:00)「被ばく労働)」
被ばく労働問題を追うメディア関係者、原発労働者とともに、被ばく労働の現実に迫ります。
パネリスト:ごぼうさん(原発作業員)、あらかぶさん(原発作業員)、ウラジミール・セドニョフさん(元チェルノブイリ原発収束作業員)、片山夏子さん(東京新聞記者)


セッション3:(15:30~17:15)「どう伝える? 原発事故のこと」
 原発事故を次世代にどう伝えていけばよいのでしょうか?教育現場での葛藤や取組を中心に紹介します。
パネリスト:後藤忍さん(福島大学准教授)、小山貴弓さん(みんなのデータサイト事務局長)、崎山比早子さん(高木学校)

ライブ(18:00~18:20) 原発ゼロノミクス

セッション4:(18:30~20:00)「私たちがつくるエネルギーの未来」
 エネルギーシフト実現に向けて歩みつつあるドイツのゲストとともに、今後のエネルギーや社会のあり方を考えます。
パネリスト:レベッカ・ハルムスさん(元EU議会議員、緑の党)ほか

参加費 全日:1000円、セッションごと:500円
避難者の方、障がいのある方、学生、FoE Japan会員は無料

申込み 申込みフォームよりお申し込みください。>参加申込みフォーム

 

【福島】

日 時 2020年3月14日(土)13:00~18:00、15日(日)10:00~18:15

会 場 14日…チェンバおおまち3F多目的ホール (福島市大町4-15)
    15日…福島県文化センター(福島市春日町5-5)

<プログラム(予定)>

14日 13:00~18:00
チェルノブイリの経験から(仮)
 アレックス・ローゼンさん(IPPNWドイツ代表)
 リクヴィダートルとしての経験から
 ウラディミール・セドニョフさん(元リクヴィダートル)


ドイツのエネルギー政策
ジルビア・コッティング=ウールさん(ドイツ連邦議会議員)
フクシマ・アクション・プロジェクトによる報告

 

15日 10:00~18:00
セッション1(10:10~12:00)「福島の今」
パネリスト:武藤類子さん(三春町在住)、青木美希さん(朝日新聞記者)、糸長浩司さん(日本大学生物資源科学部 特任教授)、菅野哲さん(飯舘村村民)


セッション2:(13:00~14:30)「隠された初期被ばく」
パネリスト:菅野みずえさん(浪江町から兵庫県に避難) ほか


セッション3:(14:45~16:30)「どう伝える? 原発事故のこと」
パネリスト:後藤忍さん(福島大学准教授)、ほか


セッション4:(16:45~18:15)「私たちがつくるエネルギーの未来」
パネリスト:レベッカ・ハルムス(元EU議会議員、緑の党)ほか

参加費 無料   申込み 不要

 

【東京・福島共通】
主 催 FoE Japan、ピースボート、フクシマ・アクション・プロジェクト

後 援 生活クラブふくしま、ドイツ大使館(申請中)、パルシステム生活協同組合連合会、ベルリン市

協 力 聖心女子大学グローバル共生研究所、フリードリヒ・エーベルト財団 みんなのデータサイト、ふくしま地球市民発伝所、ふくしま30年プロジェクト

協 賛 飯舘村放射能エコロジー研究会、開発教育協会、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、原子力規制を監視する市民の会、原子力市民委員会、原子力資料情報室、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)、さようなら原発1000万人アクション、高木仁三郎市民科学基金、日本国際ボランティアセンター、パタゴニア日本支社、避難の協同センター、株式会社ラッシュジャパン、JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)

問合せ FoE Japan
TEL: 03-6909-5983 E-mail:: info@foejapan.org